ビューティーオープナーの口コミや効果は本当なのか?トラブル肌女だから解る!

40代に突入してから、乾燥肌やシミなどのトラブルが多くなった!という人は多いと思います。

私も、もちろんその一人ですが、以前からずっとトラブル続きの肌の持ち主でした。

特に乾燥、シワ、毛穴でずっと悩んできました。

たくさんの化粧品も試しましたし、皮膚科やエステ、美容外科にも通った事もあります。

そこで、乾燥やアンチエイジングにすごく良い!と噂のビューティーオープナーを使ってみました。

なので、その効果と口コミ、私自身の感想など紹介させて頂きますね。

ビューティーオープナーの悪い口コミ!

 

ビューティーオープナーの悪い口コミ!

 

洗顔後に3~6滴ぐらいを手のひらに取り、全体に馴染ませます。
浸透は、とてもいいです。
しかし、ネットやSNSに書かれているような即効性、劇的な変化は感じられませんでした。
また、継続的に使用しても、お肌の悩みは改善されませんでした。

 

乾燥やくすみ、毛穴が特に気になっていたので購入してみました。
とにかく匂いが・・・とても苦手です。
最初はふんわりとお化粧品独特の香りがしたかな・・・?と思うと、醤油っぽい香り(?)に変化していく感じです。
使い心地はこれと言って普通ですし、しばらくすると結局使わずに放置してしまってます。

 

ニオイはさすがに気になりました。

しかし良薬口に苦し、ということもあるだろうし、とにかく使ってみました。
水感覚・・・とまではいかないけれど、さらりとしていて、トロミはありません。

特に吸い込まれる感じはナシ。と思いました。

 

ビューティーオープナーの良い口コミ!

 

ビューティーオープナーの良い口コミ!

 

使用量は1~3滴と書かれていますが、私自身は、それだと物足りないので、5滴位使っています!
でも、たった5滴で、お顔全体と気になる部分の重ね付けができるので、コスパ的には二重丸です!
肌につけると、よく伸びますし、あっという間に肌に吸収されます。
そのあと化粧水、クリームがとてもよく浸透してもちもち肌になります。

 

卵殻膜エキスというものを初めて知り、早速使いました。

美容液らしいですが、ブースターのような使い方で洗顔後すぐにつけるようにしています。
たった2,3滴なんですが、これをつけるのとつけないのとでは次に使う化粧水の入り方が、全然違うと感じます。
気になるほうれい線は特に集中的につけていますので、すこし目立たなくなってきたかなと感じています。

 

これは、本当凄いです!!!
この美容液を使ったあとの化粧水の浸透の凄さは使ってみないとわからないと思います!
本当に凄いです!としか言いようがありません。
最近、肌がすごく乾燥してたので、本当に助かりました!
やっとここ最近乾燥しなくなりました!

 

ビューティーオープナーの悪い&良い口コミの意味とは

 

ビューティーオープナーの悪い&良い口コミの意味とは

 

良い口コミから解る事は、しっとり感が増す。という事です。

乾燥が肌に悪い影響を及ぼしますし、老化をまねきます。

乾燥からたくさんのトラブルが起こります。

なので、しっとり感はとても重要だと思いますので、良い口コミの『しっとり感』というのは、あらゆるトラブルに関係してくるという事です。

一方で悪い口コミから感じるのは、『あまり変化がなかった』という事です。

ひどく肌荒れする。などといった口コミは、ほとんどありません。

そういった口コミでしたら、ただ単に肌に合っていなかったという事が解りますが、『とにかく劇的な変化はなかった』という事が中心ですので、結論から言えば、期待通りではなかった。または、少しの期間で劇的な変化を望んだ。という事だと言えます。

良い口コミも悪い口コミも、人それぞれの肌に合うかどうかが一番重要ですよね。

ビューティーオープナーは、初回お得な金額で購入出来ますので、まずは気軽に、お試ししてみる価値はあると思います。

ビューティーオープナーの効果って?

 

ビューティーオープナーの効果って?

 

私もビューティーオープナーを使用してみて感じた事は、すごく肌が潤った一人です。

さすが美容液だなぁと思いました。

私は、普段美容液は使わない方だったので、半信半疑でした。

でも、使っていくうちに、朝の洗顔後がしっとりして、化粧ノリがいいのが解るんです。

あとは、その潤いを1日中持続させれるかが鍵になると思います。

私は、使用して1ヶ月位から、だんだんと夕方まで乾燥しない肌になっている事に気が付きました。

夕方までしっとりさせる為に、必要以上にクリームやオイルを塗る方も多いと思います。

しかし、たくさん塗り重ねたからといって、自己治癒力が高まる事はないし、しかもしっとり感が続く事もありません。

そう思うと治癒力を高める為にも、たくさん塗り過ぎるのは避けた方がいいですよ。

肌のターンオーバーを正常に戻す事は重要です。

自分の肌が強くなる為だ!というつもりで使用してくださいね。

そうすると、ベタベタと塗り過ぎる事もなく、適量を使用する事が出来ます。

それにひどく乾燥する様なら、寝る前にホホバオイルを薄く塗って観てください。

3ヶ月もすると、美容液の効果も高まりますよ。

ホホバオイルとビューティーオープナーと化粧水を混ぜたものをシートパックとして使ってみるのも効果的ですよ。

まとめ

 

まとめ

 

脂肪を落としたいと、度を越したカロリーコントロールをして栄養バランスが崩れるとセラミドの量が減り、肌の潤いが損なわれます。

そうして、肌の艶がなくなることが多いのです。

サプリとかコスメ、飲料に含まれることが多いプラセンタなのですが、美容外科で実施される皮下注射なども、アンチエイジングという意味で極めて効果の高い手法の1つです。

年齢を忘れさせるような透き通った肌になるためには、順序として基礎化粧品を使って肌状態を安定させましょう。

下地を使って肌色を調整してから、ファンデーションをしっかり密着させましょう。

基礎化粧品に関しては、乾燥肌の人用のものとオイリー肌を対象にしたものの2タイプが提供されています。

自分の肌質を見定めて、きっちり合う方を買うべきですよね。

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなど、美肌に効き目があるとして有名な成分は数多く存在しています。

しかし、自分の状態をしっかり確かめて、必要なものだけを選択してください。

ヒアルロン酸・セラミドの両者共に、年齢と共に少なくなっていくのが通例です。

減少した分は、基礎化粧品である化粧水とか美容液などで補填してあげることが重要です。

美容外科と申しますと、目元をパッチリさせる手術などメスを巧みに使う美容整形が頭をよぎると思いますが、気負わずに処置することができる「切開が一切要らない治療」も豊富に存在します。

シートタイプなどダメージが心配なものは、年齢を重ねた肌には向きません。
化粧品利用による肌の快復は、想像以上に時間が必要になります。

美容外科が得意とする処置は、ダイレクトであり間違いなく効果が出る点が推奨ポイントでしょう。

年齢を積み重ねる毎に、肌というものは潤いが少なくなっていきます。

幼い子と50歳を越えた中高年世代の肌の水分保持量を対比させてみると、数字として確実にわかるのだそうです。

肌を清潔にしたいなら、おろそかにしていては話にならないのがクレンジングです。

メイクを施すのも重要ではありますが、それを取ってしまうのも大事だとされているからなのです。

わざとらしさがない仕上げにしたいのなら、リキッド状のファンデーションの方が使いやすいはずです。

詰めとしてフェイスパウダーを使用することで、化粧持ちも良くなると言えます。
年を経るとお肌の保水能力が落ちますので、積極的に保湿をしなければ、肌は日増しに乾燥します。

化粧水と乳液で、肌になるだけ水分を閉じ込めるようにしましょう。

アンチエイジング用成分ということで人気のあるプラセンタは、主として牛や馬の胎盤から作られています。

肌のハリ艶を保持したい方は使用することをおすすめします。

肌にプラスに働くとして有名なコラーゲンですが、実はその他の部位でも、極めて大切な役目を果たしているのです。

髪の毛とか爪というような部位にもコラーゲンが関係しているからです。

【関連記事】

ビューティーオープナーの毛穴口コミを画像つきで紹介!